あなたの前世を知る方法(4)

ヒーラーの視点
スポンサーリンク

(1) (2) (3) (4)

前世体験が教えるもの

この体験から、私が得た考えは2つです。

生まれる前の意思決定

1つ目は、生まれる前に次の人生を選んでいるらしい、ということです。

少なくとも、私の人物像も、今暮らしている環境も、前世の彼が決めたそのものです。

歴史を学ぶ限り、彼が選んでくれた「20世紀末~21世紀初め日本中流階級出身女性」という境遇は、あらゆる過去、場所、性別の人と比較して、身辺の安全や、生活の利便性、精神性や意志決定の自由度、自己実現の可能性など、多くの点においてかなりラッキーと言っても良い印象があります。

だから、私の中の”彼”も、私の”体験”をさぞ満喫していることでしょう。

望んでいないことの実現

2つめは、3次元の知覚には限界がある、ということです。

現在の私には”スピリチュアルな能力”が付帯していますが、前世の”彼”は、その可能性すら思いつきませんでした

私と同じような能力を持つ人は、きっと同じように思うでしょうが、予めこの能力を持って生まれてくることがわかっていたら、「それは要らない」と言ったはずです。

スピリチュアル関連の記事でよく見かける、いわゆる”願望実現”にも同じことが言えそうですが、およそ人間が望むことになど必ず”穴”があるものです。

なぜなら、3次元ではないものの情報は、3次元で認識しきれないからです。

人間にとって、自分のエネルギーの要素すべてを把握することなど不可能であり、把握していない部分が現実化することは、ままあるはずです。

実は、人間の視覚すら現象全体の20%弱しか認識できないので、3次元で把握”できる”内容すらたかが知れています

結局のところ、認識できるできないに関わらず、”神の思惑”とか”宿命”のようなものは厳然としてあり、自分が持つ”要素”はいつか体験せざるを得ない、のかもしれません。

まー「学び」って要するにそういうもんだってことでしょうが

あなたの前世を知る方法

この記事で、自分の前世や、前世そのものに興味を持たれた方にお勧めのCD書籍を挙げてみます。

・おすすめCD

【ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)】

患者に催眠退行療法を用いたところ、”過去世”を引き出した(と思われる)経験を持つ医師、ブライアン・L・ワイス博士による催眠ナレーションです。

ワイス博士による英語バージョンと、翻訳家による日本語バージョンの二種類が収録されていますが、個人的に英語バージョンがおすすめです。

(英語が分からない知人でも効果があったので、まずはそちらからどうぞ)

【森の瞑想 過去生回帰】

”魂科医”を標榜する越智啓子医師による”ボイスヒーリング”。

様々な評判をお見かけする方ですが(すみません)、CDは(個人的に)効果ありました。

ただ、プロの歌唱ではないハミング、かつ、呼吸音も入っているので、好みが分かれるかも。

・おすすめ著書

どちらも、ワイス博士の診療経験に基づいており、前世のイメージが知りたい人や、悩みがある人に「気づき」をもたらすエッセンスがいっぱいです。

スピリチュアルに興味なかった私の知人にも感銘を与えたくらい内容が濃いので、一読の価値ありです。

記事を読んで下さった方のお役に立ちますように。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
クリックしてくださると励みになります

HOME

Translate »